絵コンテ完成^o^

以前紹介した夏休みの課題の絵コンテ、無事夏休みの期間中に完成させました!

詳しくはこちらをご覧ください!

 

コンセプトアートについて:mdc-vd.com/archives/2864

夏の課題絵コンテについて:mdc-vd.com/archives/2947

 

A4サイズの絵コンテ用紙、なんと51枚!前回の記事に載せたラフも含め、描き上がるのに約5日かかりました。

ということで今回は、「ブランクと夜の手紙」の絵コンテについて紹介したいと思います!
まずは基本的な、絵コンテの読み方を紹介します。(割と自己流のところがあるので参考程度に…。)

 

vl01

1、シーンナンバー。場面(場所:学校、家など)が変わった時に数字が増えます。
2、カットナンバー。カメラ(画面の角度など)が切り替わった時に数字が増えます。
3、ピクチャー。画面内の構成を描いておくところです。
4、アクション。そのシーンでの人物やカメラの動きの指示を書くところです。ここでは台詞なども一緒に書いています。
5、SE/ME。効果音などの音響の指示を書きます。
6、タイム。経過時間や、そのシーンの時間を書きます。今回は書いていません。
7、ナンバー。絵コンテの枚数を書きます。
ということを踏まえて、今回私が描いた絵コンテをチラッとお見せします!

 

 

vl02

ブランクという白ヤギ族の少年(主人公)とノワールという黒ヤギ族の青年が出会うシーン。
なぜかノワールは、ブランクに意地悪な態度をとる…。

 

vl03

ブランクと果物屋の女主人ローズの会話シーン。
ノワールの過去を教えてくれた。

 

vl04
上司であるバトーに報告書を渡すシーン。

 

vl05

ペットのミノンによって、ブランクは手紙に隠されたあるものに気付く…。

 

vl06

ブランクたちが暮らす世界最後の街「ゴート」には、重要な秘密があるとノワールから聞かされるブランク。
その真相を確かめるべく、冒険へ出発する!!

 

 

絵コンテを描くには、その世界観や空気感、キャラクターの心情など細かく考えていく必要があります。
私は今回この絵コンテを描いていくうちに「ブランクと夜の手紙」という作品が大好きになりました。

 

 

皆さんもぜひ、絵コンテ制作に挑戦してみてはいかがでしょう!?