広告

グラフィックコースでは、2年生になると専攻するゼミ毎で一部の授業が変わってきます。
その各専攻のうちの一つが、広告の授業です。
皆さんは広告、と聞いて何をイメージするでしょうか。
僕が学校に入る前までの広告のイメージは、ただ何かを宣伝するもののよーな、正直あまりおもしろいものではない。というイメージでした。
けれど、学校に入学して勉強した中で、僕が一番おもしろいと感じたのは広告でした!笑
きっと皆さんが今イメージしているよりも広告の世界はとてつもなく広く魅力的で
僕でもまだ、ほんの数パーセントしか知らない世界だと思います。
アイデアを考えるのはとても苦しいですが、これだ!と思ったイメージが生まれ
自分の考えが形になって相手に伝わった時の喜びは、計り知れないものです。
おもしろい広告をつくるには、発想が柔軟でなくてはいけません。
そのために、先生が教えてくれた練習方法は、
先に何かの写真を見てそれがなんの広告に使えるかを考える!
というものです。
↑なんの広告に見えますか?
これを、クラスの皆とやってみるとそれぞれ意見が違ってとても面白いです。
自分と似たような考え方の人もいれば、まったく違った考え方の人もいっぱいいて
それだけでとっても勉強になるのです。
少しは広告のおもしろさが伝わったでしょうか?
僕もまだまだ勉強中の身ですが、今はすっかり広告の魅力にハマってしまっているのでしたー。
2v−2 創太