六本木の国立新美術館で

学科長の飯田です。六本木の国立新美術館で今年の6月にミニ展覧会を開く事になりました。全国公募の展覧会「日象展」の事務局からの協力依頼で40周年記念イベントのお手伝いです。展覧会場の一部を自由に使って良いとの事なので学生ともども熱く企画中です。mdcデザイン楽しみにしてください。

mdc学生が展覧会ポスターを制作。力作デザイン3点からいよいよ最優秀賞が!
mdc学生のポスターを審査中。どれに決まっても不思議じゃないガチンコ デザイン勝負。


写真は同時にお願いされてグラフィックデザイン科、イラストレーション科の学生が制作した来年からの展覧会ポスターの案です。校内コンペで勝ち抜いた3点を日象展事務局で今まさに審査中です。どれに決まるかドキドキしています!

もともとこのお話は、昨年の町田市立国際版画美術館のポスター公募でmdcが賞を独占したのですが、その時の審査員の方からのお声掛けでした。見てる人は見てる、と言う作り話のようなトントン拍子な話ですが、やはりそう言う事はあるんですね。「いつでも手を抜かず一生懸命に」と言う教師じみた教訓で締めくくっておきましょう。ww

 

One thought on “六本木の国立新美術館で

  1. 残念!なんと日象展事務局の手違いでポスターはmdcで作らなくなりました。
    ミニ展示の方を頑張りましょう。

Comments are closed.