パソコンで描く

こんにちはそしてはじめまして、WEB・CG映像科一年の清水です!

突然ですがペンタブってご存知でしょうか?
んなもんわざわざ紹介されんでも知っとるわ!って方にはとてもつまらない記事になってしまいますがおゆるしを(。-_-。)

ペンタブ、略さず言うとペンタブレットというのですが、
まあ簡単に言ってしまえば「紙にペンで絵を描くのと同じようにPC上でも絵を描ける道具」という感じでしょうか。
mdc|町田デザイン専門学校|WebCG映像科

こんな感じで薄い板と専用のペンがセットになっていて、この専用のペンで板の上に描くとPC上でも同じように描画されるのです。

WEB・CG映像科では2DCGやコンセプトアートといったPC上でものを描く授業がありこのペンタブは必ず使います。
先日の肥後くんが紹介した合成写真もこれを使って作っています。

紙に描くようにといってもやっぱり素材も違うし人によって慣れるのに苦労するのですが、使いこなせるようになればこれほど便利なものはない!
PCで絵を描くことの表現の幅が広がることは確かです。
mdc|町田デザイン専門学校|WebCG映像科

紙にペンで描いたもの、ペンタブで描いたもの、マウスで描いたものこうやって並べるだけでもだいぶ違いますね(・_・

ペンタブは学校から無料で貸し出されますし、既に持っている人は使い慣れた自分のペンタブを持ってきて使うのもOK!
体験入学でもペンタブを使ってPCで絵を描くコースもあったりするのでお時間のある方は是非mdcに遊びにきてみてくださいねー!*\(^o^)/*

ではでは!