またホラー! そしてケヴィン・ベーコン数

先週に引き続き、またまたホラーを見続けている飯田です。

今週末は6本見直しました。やはり見直すことは大事ですね。他の映画と混同しているシーンがあったり、あ、こんなところにこの俳優が出ていたのかと言う再発見もあったりしました。

mdcのアニメーション科ならズバリ当てて欲しい映画
問題:この写真は何の映画のシーンでしょうか?彼の名前がタイトルです。


さて、ここでもケヴィン・ベーコンは活躍ですねぇ。何のことを言っているかと言うと、ケヴィン・ベーコン数です。世界は知り合いを追っかけて行くと6人でつながるというスモールワールド理論と言うものがあり、そこから派生して、エルディシュ数、ケヴィン・ベーコン数と言う遊びのようなものが生まれました。

ケヴィン・ベーコンがさまざまなジャンルの映画に数多く出演していることから、まず彼との共演が1、その人との共演が2、…とつながりを追うのです。エルディシュは数学者ですが、旅好きでもあり共同論文を数多く残したことから尊敬を込めてその数を表明するようです。ケヴィン・ベーコンの場合は、安っぽい映画にたくさん出ていると少々からかわれ気味で気の毒でもありますね。

では、町田紹介誌「Talk」次号の推薦ホラー映画をお楽しみに。